横浜市鶴見区の内科・小児科・消化器科
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

インフルエンザ予防接種のお知らせ

インフルエンザ予防接種のご案内です

令和2年度のワクチン接種について

10月からインフルエンザ予防接種を開始しました。
当院のインフルエンザワクチン接種は予約制ではございません。受付の際に予診票を出していただいた順番でワクチン接種いたします。医院の前に予診票を準備しておりますのでご自由にお取りください。

なお、65歳以上の公費接種の方の予診票は、受付窓口で直接お渡しします。

※今年度は発熱のみならず、風邪症状のある方はワクチン接種を控えていただきますのでご了承ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

接種の時期について

新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。厚生労働省の指針に基づき、高齢者を優先に接種を進めます。

◎10月2日~

原則として、予防接種法に基づく定期接種対象者(65歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は、10月2日(金)から接種を行い、それ以外の方は、10月26日(月)まで接種をお待ちいただくようお願いします。

◎10月26日~

10月26日(月)以降は、65歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6ヶ月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。

※なお、これら以外の方々についても、10月26日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はありません。

接種回数について

例年通り、生後6か月以上で小学6年生までは2回ずつ接種します。
中学生以上は通常1回接種となります。

高齢者の定期接種について

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、今冬の季節性インフルエンザの流行期に備え、高齢者インフルエンザ予防接種の対象となる、より多くの方が予防接種を実施できるよう、令和2年度については予防接種の自己負担を無償化します。

◎対象者:

横浜市内に住民登録があり、接種日現在で次の1・2いずれかに該当する方

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方

◎実施期間:

2020年10月1日~2020年12月31日(休診日を除く)

ページ先頭へ戻る
ページ先頭へ
ページ先頭へ戻る上に戻る